タクミの分析

一人ひとりの身体と心の状態は異なります一人ひとりの年齢性別体力骨格体質、体つき、癖、重心、柔軟性、可動性、体幹の剛性、筋力レベル、左右前後上下の筋力差、筋肉のつき方、全身の筋肉量、ボディバランス、目標や目的、性格価値観生活習慣、日頃のストレスレベル、お仕事の特徴、お仕事時の姿勢、精神状態、食事やお酒の嗜好既往歴動きの特徴、トレーニングレベル、トレーニング時の軌道の質、筋肉の走行(筋繊維の流れ)を意識できているかなど、一人ひとりの身体と心の状態を徹底的に分析し適切なアプローチでサポートします。

  

例えば、筋トレ初心者の方や、運動不足で身体が硬い方は、いきなりトレーニングを行っても、筋肉の強張りにより関節の動きが悪い為、効果的でなくケガのリスクが高まります。そうならない為に、トレーニングをする前に、筋肉の強張りをほぐし関節の動きを高めるエクササイズを取り入れると、トレーニングのパフォーマンスを最大限に発揮することができます。

 

例えば、ご飯大好き!グルメ大好き!食べること飲むことが幸せ!であれば、適切な目的はダイエットよりも、好きな食べ物飲み物を罪悪感なく気が済むまで楽しめるようにという目的にして、プラスマイナスゼロという考え方で、生活習慣病予防や健康維持の為にも、仕方なくトレーニングを頑張ってみるか程度で良いと思います。時々でもやるとやらないとでは長い目で見れば大きな違いです。