【速報】

新型コロナ感染拡大防止に貢献する為、コロナが落ち着くまで(4月末まで)、全予約の受付停止と全予約の取り消しを執行させていただきました。少しでも感染拡大防止と早期の収束に貢献できるよう、判断致しました。ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

皆さんは運動不足にならないよう、私とやっていたトレーニングを思い出して自宅で行うよう、お願い申し上げます。運動不足が続けば、精神的ストレス溜まり、身体の免疫力が下がる為、感染による重症化リスクが高まります。三密を避けることも重要ですが、『運動・食事・睡眠』この三つを規則正しく徹底し、身体の免疫力を高め、コロナに負けない強い身体の維持にも努めていきましょう。よろしくお願い申し上げます。

和田匠平から

最新の呟き

2020.4/7 16:50

お疲れ様でございます

和田匠平から

毎日のご挨拶

2020年4月7日

【理念】

一人一人にあわせた

正しい身体づくりと

身体づくりの魅力を広め

介護を要しない社会を創る

脱介護社会の実現

 

高知には

美味しい食べ物と

お酒があるから

すぐ太ってしまう

 

マイナスに考えず

今のライフスタイルに

負担のないよう

筋トレを組み込む

 

筋トレが

習慣化することで

基礎代謝が上がり

快適に動けて

太りにくく

疲れにくい

痛みのない

快適な身体になり

その身体を

維持していくことで

より豊かな人生が実現できる

 

筋トレ未経験の方や、筋トレが一人で続かない方、正しい筋トレが分からない方など、一人一人に対して完全マンツーマンでサポートし、一人一人を分析しながら、ストレッチ凝り固まった身体をほぐしつつ基礎代謝アップや体質の改善、姿勢や肩こり腰痛・関節痛のチェック、インナーマッスルや下半身・体幹の強化など、一人一人に適した身体づくりを行い永続的何不自由なく、快適に動ける、元気で健全な心体一緒に目指していきます。(永続的に自宅でできる筋トレ提供あり     

 

一人一人にあわせた

和田式

オーダーメイド

プログラム

自宅用筋トレあり

 

1回70分7,000円

満員御礼

1回60分6,000円

満員御礼

1回50分5,000円

満員御礼

1回40分4,000円

満員御礼

1回30分3,000円

満員御礼

 

予約の頻度や曜日、時間帯、予約の休止や終了再開等は、一人一人のご都合次第で自由に行ってかまいません。主に週1〜2回ペース一般的ではありますが、一人一人の体調やモチベーション、お仕事の都合や家庭の事情等もあると思いますので自由なペースで予約していただいてかまいません。予定が変動しやすい方は、当日や前日に予約するなど、直前に予約をしていただいてかまいません。

 

一人一人の年齢や体力、体質や目的らに適した和田式オーダーメイドプログラムで、自宅でも安全に、正しく身体づくりが継続できるよう、一人一人にあった正しいやり方や正しい知識、そして身体づくりの魅力全力でお伝え致します。

 

身体の基礎(下半身や体幹など)ができていないまま間違ったトレーニングを行ったり、教科書やマニュアル通りの一辺倒なトレーニングを行ったり、マシントレーニングばかりやりすぎてインナーマッスルのトレーニングを怠ったり、不特定多数の人物に向けた動画でのトレーニングをなんとなく真似したりしてしまうと、成果は出ないどころか、ケガにつながる場合もあります。

 

トレーニングは一人でやっていると、モチベーションの維持も難しくなり、最初は頑張っていても、だんだんとサボり癖がつき、途中で辞めてしまって、なかなか長続きができません。長続きできないのは、意思が弱いのではなく、人間としての本能なので、落ち込む必要はありません。誰でもトレーニングの継続は難しいものなのです。

 

いろいろと頑張りすぎたり、制約がキツすぎると、精神的なストレスや肉体的疲労が蓄積し、体調を崩しやすくなり、仕事や日常生活に悪影響を及ぼしてしまいます。そうなっては本末転倒です。身体づくりは人々の生活を豊かにするものですできるだけ一人一人が、自宅でも身体づくりを永続的に習慣化できて、一生涯元気に過ごせるよう、一人一人にあわせた提案をさせていただきます。(自宅でもできる簡単なエクササイズメニュー提供致します)

 

社会奉仕活動

一人一人にあわせた

自宅でできる筋トレなど

無償アドバイス実施中

一人一回まで約15分)

 

完全個室

完全マンツーマン

他の方との顔合わせは

一切ございません

換気・除菌・消毒等

徹底しております

次の人が来るまで

時間を開けており

一名ずつ対応致します

 

担当

わだ しょうへい

和田匠平

国際ライセンス取得済み

 

アクセス

ザ・ダイソー万々店や

よどやドラッグ福井店

ネッツトヨタ万々店

近くになります

 

下の写真にあります

サエ美容室

最も近い目印になります

 

道に迷いそうな方や

分かりにくい方には

直接お電話やラインにて

ご案内をさせて頂きます

駐車場完備

【お問い合わせ】

090-6884-6116

(ショートメールOK)

gymtakumi@gmail.com

ラインID:gymtakumi

勧誘セールス等一切なし

一.いくら休んでも疲れが取れない

普段の生活で座りっぱなしや立ちっぱなしなど、長時間同じ体勢でお仕事をされている方は特に、肩甲骨や肩関節、背骨や股関節、膝関節らが凝り固まりやすく、各関節の可動域が狭くなり、各筋肉の収縮とストレッチも不十分になり、日常の活動量が減ることで、肩こりや腰痛、肥満など、様々な不調につながります。

 

一.運動不足が不調の原因にも

肩こりや腰痛、むくみなど身体を動かさないことで生じる症状は様々で、その原因の主は背骨・肩甲骨・股関節が十分に動いていないことにあります。日常生活では腕や脚が、動きのメインになり、体幹部分(胴体)は動きが不十分になってしまします。背骨の動かす機会が減ることで姿勢が崩れ腰痛になりやすくなり、肩甲骨が左右に開いて固まることで肩や首に凝りやハリを感じ、股関節の動きが悪くなることで脚を根本から大きく振れなくなり活動量が減り代謝が落ち太りやすくなるなど、背骨や肩甲骨、股関節らがこわばって固まることで、様々な不調に繋がってしまいます。一人ひとりの身体にあわせて、背骨や肩甲骨、股関節を十分に動かすことが、不調の改善につながると言えます。

 

一.同じ体勢が不調の原因にも

つねに身体がダル重い方や、朝目覚めた瞬間から疲れを感じる方の主な原因は、筋肉や関節の慢性的なこわばりや痛みからくるしんどさ、そして体力の低下が原因と考えられます。加齢も影響してきますが、最大の要因は身体を動かす機会が激減したことにあります。パソコンに向かって長時間座り続けているほど、症状を深刻化させやすいと言えます。ネイリストや美容師さんなど、同じ体勢でお仕事をされている方も、身体がこわばりやすくなり、身体の不調を誘発しやすいと言えます。

 

一.体力不足は肥満の原因にも

不調の主な原因は疲れであり、車移動での座りっぱなしなどにより、筋肉が硬くこわばってしまい、凝り固まった筋肉が痛みを誘発し、身体の調子が悪くなっていきます。身体を動かす機会が減れば、体力が低下し、少し階段を登るだけでも疲れを感じるようになります。なにをするのもしんどくなると、活動量が減り、肥満につながります。逆に、体力があれば、日常生活で疲れを感じにくくなり、元気に過ごす事ができます。体調も維持しやすくなることで、風邪や病気を遠ざけて、健康も維持させやすくなります。体力レベルが高い方は平均寿命が長いというデータもあり、健康を維持させやすいということは、活動量が増える為、肥満防止にもつながり、快適な身体を目指すうえでも体力の増強は必須科目になると言えます。

 

一.運動量の低下は病気の原因にも

運動不足は病気の原因にもなり、厚生労働省の国民健康・栄養調査によると運動を継続している人(30分以上週二回以上を一年以上継続)は、20代〜50代では男女とも20%で、日常の活動量の指標となる1日の平均歩数は、平成9年に7700歩だったのが平成26年には6500歩になっています。1ヶ月で20kg以上ウォーキングをしなくなったのと同等の運動量の低下ということになります。運動不足により、様々な病気の原因になり、心不全、脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病やメタボを誘発してしまいます。さらに体力も低下してしまうと、筋肉の衰えなどを原因に自立した生活が困難になる、ロコモティブシンドロームにつながる恐れがあります。

 

身体本来の

自然軸を意識した

トレーニング

動き連動

人間の身体はあらゆる曲線で成り立っており、進化の過程で左右非対称に動ける仕組みになっています。その為、マシンように左右同時に動く直線的な軌道でのトレーニングをやり過ぎると、身体本来の自然軸が緩み、身体の歪みや左右差が酷くなり、負荷が身体の弱い部分にかかってしまい関節を痛めたりします。スポーツをしている人はそのスポーツで培った左右非対称のアライメントが崩れ、パフォーマンスが落ちる場合があります。

 

身体本来の自然軸が衰えないよう、トレーニングでは動きと軸の連動を意識しながら行うことが大切になります。自分で発した動きを自分の身体で制御する(壁をつくる)意識ができだすと、日常生活やスポーツで自分の身体をコントロールしやすくなり、ケガの予防になり、安定したパフォーマンスを実現することができます。

 

動きと軸の連動というのは、難しく考える必要はなく、日常生活で誰しもが経験しています。例えば、歩くという動作は、脚と腕の振り(動き)、そして胴体部分(軸、体幹)が上手に連動することで実現しています。この連動がないと、しなりのないロボットのようなぎこちない動きになってしまい、関節にもダイレクトに負担がかかり、あらゆる不調を誘発します。ちなみにですが、二足歩行ロボットを製作する際に、膝関節の部分にモーターやらを埋め込まないといけない理由は、人間の身体が持つバネのようなゴムのような弾力のあるしなりのある連動性能を、機械で生み出せない為です。

 

話しが逸れましたが、皆さんは日常生活で無意識に、動きと軸を上手に連動させて生活しているということです。この連動性能を、トレーニングで失ってしまうと、力の入れ方と抜き方、力を出す方向とその抗力とのバランスが崩れ、快適に動けない身体になってしまい、何の為にトレーニングしているのか分からなくなってきます。

 

マシンに頼らず、自分の身体にある自然軸を使いながらトレーニングすることで、動きと軸の連動性は強くなり、体型がバランスよく改善される事は勿論、筋力の左右差も改善され、あらゆる場面で使える、しなやかで強い、機能的で、動きやすい快適な身体になります。マシントレーニングは、トレーニング時に背もたれやパッド、イス等で身体が支えられている為、本来自分で身体を支えるべき力(体幹部の支柱となる自然軸)がサボってしまい、楽をした状態になり、ただ単に一部位の筋肉にだけ負荷がかかっている状態になってしまいがちです。このような不自然な身体の使い方は、身体の原理原則に当てはまらず、日常生活のふとした時に、力の入れ方を誤り、ギックリ腰になったりして、逆にケガをしやすくなってしまい、使えない身体(非機能的な身体)になると言えます。

 

腰を守る為、パワーベルトを用いて一時的に腹圧を強化してトレーニングしても、本来の軸は緩いままなので、腰を痛める事を繰り返すだけになります。ベルトに頼ってしまうことにより身体本来の自然軸は衰え続け、ベルトを外している普段の日常生活のなかで、軸の保持力(腹圧)が自然に働かなくなってしまい、身体の使い方がおかしくなり、長時間座ると腰が痛くなるなどして、様々な不具合を誘発しやすくなると言えます。

 

左右筋力差があり身体が歪んでいる場合、マシンを使ってトレーニングしすぎると、強い方の筋肉が優先してしまい、筋力の左右差が広がり、全身のボディバランスが崩れたりする場合もあります。マシントレーニングは、決まりきった軌道でしか動かないので、筋肉にとっては不自然で楽な動きになってしまい、インナーマッスルが働きにくく、外側の大きい筋肉(アウターマッスル)ばかり発達して、車に例えると、外装とエンジンだけが大きくなりすぎて、パワーはあるものの風の抵抗を受けて効率よく走れないうえ、ハンドルとブレーキもまともに効かないような状態になります。身体に置き換えると、図体ばかりが大きくなり、自分の力をコントロールができず、ケガをしやすくなる身体になると言えます。

 

筋トレは、筋肥大が全てではありません。余計な筋肥大により、ゴルフやサーフィン、マラソン等のスポーツで、パフォーマンスが下がる場合もあります。例えば、ゴルフ初心者の女性の方は手打ちでスイングしている場合が多く見受けられ、肩や腕ばかりで操作してしまい、身体がクラブに振られてしまい、体幹軸がブレることでスイングが崩れ、球に正確に当たらず、球の軌道もバラバラになります。

 

下半身やお腹、背中などの筋肉を使わない手打ちのクセがついてしまうと、肩や腕ばかりがゴツくなり、女性にとっては嬉しくない体型になってしまいます。これらのクセを修正する場合、下半身や重心、体幹部の筋肉をうまく回転運動に連動させて、確実に球を捉えるトレーニングが必要になります。

 

腕力や力で球を飛ばそうとすると、スイングが安定せず、フォームも悪くなります。スムーズで確実な軌道のスイングを実現する為、重心のコントロールや、どんな状況でスイングしてもブレない体幹軸をつくるトレーニングが必要になります。この際、余計な筋肉が筋肥大してしまうと、身体のコントロールが難しくなり、パフォーマンスが安定しなくなるうえ、腰を痛めるなどして、最悪、プレーが継続できなくなる可能性もあります。そうならないよう、一人一人に適した身体づくりが大切になります。

 

ボディメイクでヒップアップを目的とする場合においても、お尻単体だけに刺激を与えるトレーニングをするではなく、体幹や骨盤周りの均衡の修正から行い、インナーマッスルから整えた方が、最終的に効率よく、自然でキレイなヒップラインを手に入れられ、腰を痛めることなく、維持し続けることができるのです。

 

いきなり高重量のフリーウェイトトレーニングやマシントレーニングで、アウトラインだけを磨いても、中身(インナー)がスカスカで軸が強くできていない為、重心も不安定になり、ふとした時に負荷が身体の弱い部分に乗ってしまい、腰や関節を痛めるなどして、ケガを繰り返します。

 

マシンに頼らないトレーニングで身体本来の自然軸ができてくると、日常生活のあらゆるシーンで、無意識に軸が働き、普段の姿勢が良くなることは勿論、代謝も稼げる為、体脂肪の燃焼効果も高まり、より快適な生活が実現できます。

つぶやき集

   

・龍馬マラソンで完走したいなら体幹だけでなく関節への負担も和らげる、バネのある筋力も備えつけておくこと。マラソンで最後まで姿勢が崩れず重心がブレない身体をつくっていくこと。 

 

・ゴルフでのトレーニングにおいても、自分の思い通りに打球をコントロールできるよう、自分の身体をコントロールする練習を組み込むこと。

   

・一般の人で太りすぎてる人に限って、楽して痩せようとするから根拠のない変なサプリやアイテムを買い続けてしまい、一生変われないまま、終わってしまう。

 

・覚悟を決めて、食事制限と運動を頑張った者だけが変われるという非常にシンプルな真実。

 

・テレビショッピングのダイエット系商品にはちっちゃいテロップで端っこに運動と食事を頑張った結果って書いてあるから、ちゃんと見よう。ダイエット系のテレビショッピングというのは、基本的にくだらない小芝居の連続である。小芝居に踊らされた者の数だけテレビ側や芸能人の懐が潤っている。

 

・もし、ダイエット中に食べ物を食べ過ぎたら後悔するのではなく、すぐにたくさん適切な運動をして、燃やしてやるぞ!というポジティブな考えに切り替えること。完璧に食事をコントロールできる人間なんてそう居ないからあまり自分にプレッシャーをかけ過ぎないこと。運動は一生続けていくものだからね。あまりプレッシャーをかけ過ぎると、理想と現実のギャップで心も体も乱れてしまう。

 

・一旦、トレーニングから離れると、前の頑張っていた自分との差でなかなか再開の一歩を踏み出せなくなる。でも一歩踏み出してしまえばあとは簡単。

 

・一人一人にあわせられる人間というのは、我を捨て切れた人物ということだった。 人生のあらゆる局面でヨーダの教えは役に立つ。忍耐や謙虚さは人間力の構築に欠かせない。若くして表にぐいぐい出るのは、賢いとは言えない。

 

・筋トレ時だけでなく、普段からキレイな姿勢を意識することは、ものすごく大事で良いこともたくさんある。

 

・姿勢が悪いだけで身体の筋肉がサボってしまい、体脂肪がつきやすくなったり、腸の動きも悪くなるから便秘になりやすくなったりする。あと肩こり腰痛とかも。

 

・便秘に関しては、ストレスなどの精神的な作用が大きい。

 

・正しい姿勢への改善方法は、まずは身体の芯を意識できる身体をつくること。表面の腹筋だけではなく、もっと奥の腹筋を上に引き上げる意識をすること。身体が浮いて立っているような感覚を掴めたらOKだけど、この感覚を掴むには練習が必要。 この感覚はベリーダンスで掴みやすい。

 

・ただ単に身体を鍛えるのでなく、まずは身体が正常に機能するよう、一人一人の状態によって重心等を適切に整える必要がある。

 

ただ単に鍛えてもケガをするだけ。

 

・人によって、動物性タンパク質を摂取しすぎると、肌荒れや便秘、過度な体臭を引き起こす場合がある。植物性タンパク質でも体はつくれるので、大豆製品中心の食生活に変えてみるのもあり。

 

・原始時代の食事を真似する、パレオダイエットは、理にかなった食事方法である。ちなみにパレオダイエットで、大豆は省く。

 

・何事も、地道に継続することが大事。

 

・闇雲に筋肉をつけると、身体の均衡が崩れ、いろいろな不具合が起き、ケガのもとになる。

 

・まずは、インナーマッスルを鍛えるのが基本。

 

・身体本体が思っている理想と、自分の脳が思い描く理想は食い違うことがある。

 

・ 自分の脳の思い描く理想が強すぎて、自分の身体本体の悲鳴を無視して無理をさせてしまうと、ケガをしたり、ストレスで調子が悪くなったり、便秘や睡眠不足、過度な過食等を引き起こしてしまう場合がある。しっかり自分の身体本体とコミュニケーションを取っていくことが大事。身体は大事な財産だからね。

 

・免疫力を高めたり、体調を整える乳酸菌の力を侮ってはいけない。基本的に乳酸菌が腸内で働く時間は8時間程度とされており、理想の摂取タイミングは朝と夜。

 

・厳しいを望む者には厳しく、優しく丁寧を望む方には優しく。

 

・食事もトレーニングもバランスが大事。

 

・睡眠の質も非常に大切、睡眠の質が悪いだけでトレーニングのパフォーマンスは落ちる。

着るだけで痩せるとか、貼るだけで痩せるとか、楽して痩せたら誰も苦労しない。

 

・最近は、高知にも焼肉屋さんが増えてきて良かった。『ダイエット中ですが、外食に行きたい時はどうすれば良いですか?』という質問に対して、選択肢として勧めるのは、ほとんど焼肉屋さんだから、本当に良かった良かった。

 

・キレイな姿勢を意識しすぎるあまり、背中の上半分だけを無理に反ると、よりひどくなる。

 

・トレーニントレーニングが一人で続かない時は、音楽やら動画やらで理想の身体をイメージして、モチベーションを上げていきましょう

 

・ダイエット中やアークアウト前に、コーヒーは適量飲んで大丈夫です。カフェインでワークアウトでのモチベーションが上がりやすい。

 

・この世に一人として同じ人間は存在しない。一人ひとりと向き合い、最善のアプローチを選択できるかが重要。

 

・本当の一人ひとりに適した正しいやり方と、モチベーションの維持がカギとなる。

 

・トレーニングにおいて、ケガというのは最もモチベーションを下げる要因になる。

 

・女性が一般のジムの筋トレコーナーに行きづらい理由は、男性率の多さと清潔感の少なさ。

 

・ボディバランスを無視したまま、筋トレしていると、身体は素直にケガという答えを出してくれる。

 

・体重計は気にせず、全身写真で記録する。

 

・一度きりの人生なんだから、素直に好きな物を食べて筋トレとジョギングをたくさんしよう。

 

・我慢やストレスを抱えていると免疫力低下で体調不良になりやすく、仕事にもならない。

 

・まずは自分にあった好きな筋トレ種目を見つけることが大事。

 

筋トレしてる時に関節に違和感があったり、思うように効いてない時はアプローチが間違ってる。

 

・筋トレでケガは絶対にダメ。

 

子どもがスポーツでケガをしない為には、適切なアプローチが必要。

 

・一度きりの人生なのに、毎日、体重や数値を気にするダイエットなんてしてると、毎朝起きる度に、『あ〜今日も減ってないな〜、しんどいな〜』なんて、精神的に疲れて、どんどんストレスが溜まり、身体には毒でしかない。性格も暗くなって、鬱にもなりかねない。ストレスや我慢、不満が爆発して、情緒不安定にもなりかねない。機械の測定結果もインピーダンス法だから水分量次第でバラバラな結果になり、一喜一憂するだけ。あれだけ頑張ったのに減ってない!ってなり、自分にショックを受けてモチベーションが下がってしまう。体重や数値には限界があり、いずれ頭打ちするから、途中からは考え方を変えて、全身の見た目(ボディライン)が変わったらいいや、みんなから痩せたと言われたらいいや、運動を習慣化できたらいいや程度に、気楽に考えると良い。いかに長く、ストレスなく続けれるかが大事。そもそも運動というのは、我慢したり、苦しむものじゃないからね。一回一回の筋トレでしっかりパンプを楽しんだり、最後までやりきった爽快感、追い込みきれた達成感なんかを、ハートで感じていくことが大切。そしたら、筋トレが好きになって、自らやりたいと思えだすから、精神的にも肉体的にもポジティブになって、人間性も明るくなって、何もかもすごく良い方向に向かう。さあ、今日も筋トレを楽しみますか。

 

・写真より実物の方が良いと言われますね。

 

・モチベーションが下がったら初心を思い出して、とにかくジムに足を運んでみること。30分だけでも、やるとやらないでは大きな違い。さあ、いってらっしゃい!

 

・分からない事があれば、私に聞けばいい。テンションが低いなら、私の声援を思い出して頑張ればいい。まだイケる!できる!さあ、いってらっしゃい!

 

・筋トレはモチベーションが命。

 

腹筋の簡単なトレーニング一つでも、ただ数をこなすのではなく、一回一回きっちりしたフォームと適切なスピードで、常にターゲットの筋肉に効かせる意識を持ち続けることが大事。

 

・身体づくりの魅力は、体重が減ったり、体型が変わるだけじゃない。身体づくりには人々のハートを感動させる魅力的な要素がたくさんある。それを一人一人がしっかり体感できているかが大事。 例えば、AさんとBさんが居て、両者が『体重マイナス10kg』という同じ結果を出したとする。Aさんの内容は毎日毎日ひたすら体重計の数値とにらめっこするストレスばかりかかる内容だったとする、反対にBさんの内容は、身体や筋肉の仕組みを学びながら筋トレの魅力にどっぷりハマった結果、気づけば体重も減ってラッキーだったという内容。当然Aさんは毎日ストレスに耐えながら目先の成果だけを追い求めて得た結果なので、ストレスが限界に達してリバウンドしてしまい、結局は荒れ果てた生活を送ってしまう。Bさんはというと、ストレスなく、ただ筋トレを楽しみ続けている為、いつまでもリバウンドする事なく、毎日を快適に過ごしている。楽な筋トレや楽に変われる方法なんてないから、業者の甘い謳い文句に惑わされず、今の生活習慣で筋トレとうまく付き合っていく事が大事。筋トレ初心者がいきなり長く続けようとしても、気持ちの負担になるだけだから、まずは一回一回筋トレをやり切っていく感覚でいいと思う。人生は長い。

 

・いつも快適に、元気に、なに不自由なく毎日を生きていく上で筋トレと食事は一生続けていくものであり、欠かせないものになります。一人ひとりが今のライフスタイルに無理なくストレスなく筋トレと食事をうまく浸透させていく事が大事。 運動できる喜びや筋トレできる喜びを身体とハートで体感していただき皆様の今後の人生に良い刺激となりますようお力添えをさせて頂きます。

 

・生産性のないSNSに時間を取られるほど無駄なことはない。男は黙ってホームページ一本勝負。

 

・プリケツ美脚目的なら、スクワットよりブルガリアンスクワットがおすすめ。

 

・大腿四頭筋に効かせる本物のスクワットは、膝を出して、上半身を倒さず、垂直な軌道で行う。

 

・道具を使うトレーニングは時代おくれ。身体の連動性を無視してトレーニングすると、ケガする。

 

・体幹、軸が働いていないまま、強い力を出そうとすると、関節に負担がかかってしまう。

 

・これからの時代は、機械ではなく、人が主役のジムが生き残る。機械を並べただけのジムなど、何の感動も生まれないうえ、感動も分かち合えない。

 

・人脈という言葉ほど、下品な言葉はない。本当に人を大切にしている人は、人脈なんて下品な表現はしない。

 

・ジムに行けなくなった時は、自宅でのトレーニングが有効。知識とやり方さえわかっていたら、役に立つ。

 

・レッグカールもレッグエクステンションもハイパーEXTも片足ずつ、ヒップスラストも片足ずつ、ラットプルもシングルハンドルで片手ずつ、プレス系もワンハンド。

 

・いつまでも元気に、スタイルよく体型をキープできて、肩こりや腰痛、膝痛もなく、健康に生き続けるには、エクササイズの習慣化が必要不可欠になります。

 

・自分史上最高の身体を目指すことは良いこと。

 

・腸活や菌活をすることは、体にとってあらゆるメリットがあり、すごく良い。 

 

・人生は長い。いつまでも快適に、なんの不自由もなく、動ける身体づくりが大事になってくる。

 

・一時の喜びより永続的な感動を与える。時々好きなものを食べて、時々好きなお酒を飲んで、無理のないマイペースで肩こりや腰痛膝痛のない快適な身体を維持する為、一人一人にあった正しい筋トレを習慣化していく事が大事になってくる。

 

・高知には美味しい食べ物とお酒の文化がある。一度きりの人生を食事制限などで縛りつけるのは実にもったいない(食べ過ぎはNGだけどね)我慢でストレスは増幅し、不安で思考は乱れ、焦りでケガを誘発する。

 

・感性的な悩みをせず、他人と自分を比べず、自然体で生き続ける事が大事。

 

・一人一人にあった正しい筋トレの習慣化で生活の質は高まり、毎日が充実していく。

 

・肩こりや腰痛、膝痛、肥満、体力不足や筋力・体幹不足で、やる前から諦めていた様々な趣味にも挑戦できるようになり、よりアクティブにいろいろなことを楽しみ続けられる人生を実現させる。それがタクミの目指す。脱介護社会の実現。

 

身体のメンテナンスを怠ると、体力や筋力の衰えが早くなり、肥満や肩こり腰痛、膝痛など、様々な問題に悩まされてしまう。

 

・身体の原理原則は不変であり、ケガや調子の悪さには必ず原因がある。

 

・女性の脳は男性の脳と違い、より深く物事を考えれる仕組みでできている。考え過ぎてしまうことで、身体の不調を起こすケースもある。

 

・健康診断でよっぽど危ない数値が出ていない限り、過度なダイエットは自分の心と身体を苦しめるだけで、最後には虚無感とリバンドでさらに太った自分が鏡に映っているだけです。『あんなに頑張ったのに結局太った』という事実が心を蝕み、だんだん精神的に暗くなり、うつ病に発展します。うつ病は自覚症状がない為、周りの意見が耳に入らず、危険。

 

・ストイックが過ぎると周りが見えなくなりいつのまにか自己中心的な人間になってしまう。

 

・ただ痩せても体力が無くなりすぐ疲れやすくなったり、すぐイライラしたり、表情も貧相に見え、何も良いことはない。

  

・大事なのは、健康的で、魅力的で、何不自由なく動けて、心と身体が健全な身体を保つ事。